ボートダイビングで船酔いしないために

ボートダイブはビーチダイブと違い、沖にある魅力的なポイントに直接行けるというのが魅力です。ただ船に弱いと移動が苦痛になってしまうので、ダイビングが好きでもボートダイブは苦手という方も多いと思います。

折角ダイビングしているのなら船酔いを克服してボートダイビングにも挑戦しましょう!ここでは船酔いになりにくい方法を紹介したいと思います。

なぜ船酔いするのか

船酔いの原因は、船が揺れる事で三半規管が刺激され、平衡感覚に乱れが起こるためです。この乱れた状態になると眩暈や吐き気が起こり、最悪の場合、嘔吐してしまう事もあります。

ここまで行くと船を下りずに船酔いを復活する事はかなり難しい状況と言わざるを得ません。折角楽しみなダイビングも船酔いの状態では楽しむことができませんね。

船酔いを防ぐには

いままで船酔いを起こしたことがある方は「船に乗る」というだけで緊張したり気持ち悪くなってしまう事もあると思います。このような方は酔い止めの薬を服用する事が良いと思います。

また乗船時に風通しが良い場所や排気ガスの臭いがしない場所に座るなど、少し工夫すると幾分船酔いのリスクが軽減できます。

その他、移動中はなるべく水平線など遠くを見るようにしたり、船の揺れに逆らわないようにするのはオススメです。あとは楽しい事に意識を集中するようにすると気が紛れていいですよ。

まとめ

船酔いに限らずダイビングを安全に行うためにも、前日の飲酒は控え、睡眠はしっかりとる事がオススメです。船に苦手意識を持たず、船に乗船する事も楽しみの一つになるような意識改革もいいのでは。。。

おすすめショップ!

ダイビングポイントとして世界的にも有名な慶良間や粟国島の海でファンダイビングが楽しめるダイビングショップ。体験ダイビングからPADIライセンス取得コースまで、沖縄の海を知り尽くしたインストラクターが案内いたします!